Sharperlightには、Excelアドインから利用可能なライトバックウィンドウがあり、ワークシートデータのソースを作成し、このデータをDatamodelを介してターゲットシステムに書き戻すことができます。 データモデルの作成者は、ライトバックがデータモデルで利用可能かどうかを決定し、ライトバックの検証と操作を制御します。 Writebackフォームは、フィーダセル範囲の選択を簡素化し、ライトバックテンプレートを保存して再利用できるようにします。

Microsoft ExcelのSharperlight ライトバックインターフェイスは、ワークブック内のライトバックの列と行のレイアウトを保存します。 これらのテンプレートは、マクロボタンを使用して再利用して実行できます。 Active Data Entry(ADE)は、ワークシートのデータ入力を支援するためにこれらのライトバックテンプレートを使用し、有効なコードをポップアップして手動入力のフローを自動化することもできます。

Active Data Entryは、ライトバックテンプレートのセル参照とフィールド順序を使用し、独自の設定レイヤーを追加して、ワークシートのデータ入力をナビゲートします。 列をスキップするための設定(入力値の計算に式を使用する場合)があり、直接入力に対してデフォルトの参照を無効にすることができます。 ワークブックをオフィスから取り出してシャープライトサービスから切断する一般的な方法は、ADEでも処理されます。ルックアップリストはワークブックにローカルにキャッシュされ、Sharperlight Excelアドインがログインしていなくても引き続き機能します。

Active Data Entryエクスペリエンスをさらに強化するために、キーボード移動矢印の代わりに使用できる移動ボタン付きのナビゲーションバーがあります。 これは、仮想キーボードに依存するWindowsタブレットで特に便利です。

Sharperlight Webチャネルを使用して、データモデル内の定義済みの定義を使用してデータを書き戻します。

ファウンドリーで構築された新しいSharperlightソリューションの予測を作成し、予算を収集し、データを更新します。

Sharperlightは、完全なデータサイクル、キャプチャおよびレポートを提供します。