スケジューラは、定期的かつ臨機応変にタスクを実行するための自動化インターフェイスです。 各タスクは複数のアクションを持つことができ、タスクは手動またはスケジュールに基づいて実行できます。 スケジューラは他のSharperlightデスクトップアプリケーションと同様にインストールおよびアクセスされますが、タスクは5つ以上のフルライセンスを持つインストールでのみ実行できます。 このしきい値は、他のユーザーのアクセスを低下させずに並行タスクを実行できるようにするためのものです。

スケジュールされたタスクが作成されると、そのタスクはローカルで実行されることを想定してローカルコンピュータ名にデフォルト設定されます。 Sharperlightアプリケーションサーバー上で実行するために、場所を変更することができます。 サーバー上で実行されるタスクの昇格はほとんどのアクションで機能しますが、Excelワークブックの更新は、ユーザーがログインしているクライアントコンピュータでのみ試みることをお勧めします。アプリケーションサーバーのインストール済みMicrosoft Officeは、IT部門や ユーザーログインなしで動作するようにExcelを構成するのは難しい場合があります。

Excelワークブックのスケジューリングを別の仮想デスクトップマシンで実行し、リモートデスクトップを使用してタスクをスケジュールすることをお勧めします。 これにより、24時間365日稼働させることができ、ユーザーセッションは開いたままにしておくことができますが、切断されます。

スケジューラーツールは私に例外レポートのみを与え、pdf形式のレポートパックを作成して、必要なすべての人に送信しました。